Wireless InSite® 電波伝搬解析ソフトウェア

Wireless InSiteはサイトスペシフィックな電波伝搬及び無線通信システムの解析を目的とした、レイトレーシング法を用いる高性能電波伝搬解析ツールです。複雑な都市や屋内、山などが広がる屋外環境といった電波が混在する環境での電波伝搬の様子や通信チャネル特性を効率的、かつ正確に予測します。

 

Wireless InSiteは、無線リンクの設計、アンテナカバレージの最適化、RFおよびミリ波周波数帯域のキーチャネルと信号特性の評価に最適です。

X3D電波伝搬モデルX3Dは建物モデル等の形状や送受信機の高さに制限がない3次元電波伝搬計算モデルです。 X3D電波伝搬モデルでは、大気吸収に伴う反射、透過、回折を正確に解析します。また、100GHzまでの周波数を扱うことが可能です。

散乱 ミリ波帯での複素インパルス応答や交差偏波受信電力への散乱の影響を確認できます。

MIMOシミュレーション X3Dモデルは、5G、WiFiおよびその他のアプリケーションのMIMOアンテナをシミュレートするためのユニークなレイトレーシング機能を提供します。Wireless InSite MIMOは、伝統的なレイトレーシング法で必要とされる計算レベルを克服しながら、多数のMIMOチャンネルの詳細なマルチパスをシミュレートします。

ファーストレイベースの方法 都市や荒い地形アプリケーション用に設計された 2D 次元サイト固有の伝搬モデル。

経験的伝播モデル 都市および屋内解析用に設計された経験的モデルのスイート。

インポート機能 KMZ、COLLADA、SHP、DXF形式の建物モデルやオブジェクトのインポートが可能です。地形モデルについてもDTED、DEM、TIFF形式のインポートが可能です。

アンテナXFdtdでの解析結果から出力したアンテナパターンをインポートすることができます。 WIのアンテナデータベースから、SISO、MIMO、Massive MIMOの送受信機で用いるアンテナパターンを設定できます。

材料 シーンの電気的特性はファセットレベルまで定義できます。 インストールされた材料データベースには、様々な周波数での金属、土、コンクリート、レンガ、木、ガラスなどが含まれています。

出力される解析結果 ユーザーは受信電力、伝搬経路、伝搬損失などの解析結果を素早く確認することができます。これらのASCII-basedファイルはWireless InSiteでのプロットや後処理を簡単に行うことができます。