XFdtd® 3次元電磁界解析ソフトウェア

XFdtdは製品の開発時間を短縮し、より早く市場にリリースすることを可能にする非常に強力なツールです。 XFdtdは、未知数の数が増えるにつれて他の手法を上回るFDTD法を用います。

XFdtdは解析規模に制限がなく、どんなに大規模で複雑な問題も解析することができます。

高性能な計算技術 最新の高性能計算技術を用い、電磁界シミュレーションの計算速度を劇的に向上させます。

XStream® GPUによる計算高速化 GPUによる電磁界シミュレーションの高速化機能を搭載。GPUクラスタを用いたMPI解析も行うことが可能です。

回路素子の最適化電磁界シミュレーションと直接連携し、集中定数回路素子の最適化を行います。

フレキシブルプリント基板や平面へのラッピング機能。 1ステップで行うことのできるラッピング機能により、簡単にプリント基板の全体や多層のモデリングが可能。任意の形状の表面上にシート状の平面を作成することも可能です。

Optenni Labを統合 使用機器に適したネットワーク構成、及び回路素子の初期値を簡単に生成します。

PrOGrid Project Optimized Gridding® ターゲットとする周波数や解析空間にある材質、モデル形状に合わせたメッシュを自動的に作成します。

XACT Accurate Cell Technology® 曲面を最適なメッシュ情報に落とし込み、高速でより正確な解析を行います。

MATLABエクスポート機能 XFdtdのResult Browserから得られる全てのデータはMATLABとCSV形式で出力可能です。

生体温度センサ人体周りの電磁環境による人体の体温上昇シミュレーションが可能です。

Poseable Hands携帯機器等の設計用に、XFdtdでは端末を握る様々なポーズの手をモデル化することができます。

ワークフローの単純化 XFdtdは時間のかかる不要なタスクを排除し、ワークフローを合理化します。

結果と出力解析結果を履歴に残し、また、別に行った解析結果との比較を容易に行うことができます。

グラフの操作XFdtdでは結果の確認が直感的に行えます。

柔軟なモデリング機能モデリングに必要な手間・時間を軽減し、その時間を考察に充てることができます。

スクリプト機能XFdtdではスクリプトAPIを用いて独自のカスタム機能の作成が可能です。